Create  sora 入院記録  Index  Search  Changes  Login

(入院3)2004年11月25日

剥離手術で退院から2カ月

前回から2カ月。いよいよ右股関節の手術のための入院。前回同様9時半までに病院へ行った。病棟は前回と同じだった。受付を済ませ病棟へ・・・。病室へ案内してもらい荷物の整理をした。部屋は4人部屋。一人あたりのスペースはかなりゆったりとってある。着替えやタオルそのほかのものを引き出しやロッカーに入れて、病院で貸し出しの寝間着に着替えた。その後、主治医の先生から今回の手術の説明を受けた。夫は仕事の都合があるので、このあとすぐに帰宅。(帰宅前にはこれも前回同様の手術同意書などに署名捺印してもらった。)それからしばらくしてから、担当の看護師さんが来てくれた。昨年の入院からもう3回目なので「もうだいたいわかってますよね。」といわれて、「そうですね」と答えた。前回からまだ2カ月しか経ってないのに変わったところもあった。まず、前回担当してくれた看護師さんがもう病棟にいなかった。それから、シャワー・・・前回も昨年もシャワーは週3回だった。でも、今回は、一人で入れる人は日曜日以外は毎日は入れることになっていた。これは嬉しい。手術後は当分シャワーできないし、抜鉱後も一人じゃ無理で毎日はシャワー出来なくなりそうだから、手術までは、毎日入ろう〜〜♪と思った。入院翌日は、3回目の貯血があった。病棟で車椅子を貸してくれて看護助手さんが貯血室まで連れて行ってくれた。終わったら、貯血室の先生が病棟まで連れてきてくれた。それからしばらくはボーーとしてたのでよこになっていた。昨年の左の手術の時は合計800ccだった貯血、今回は1200cc弱の貯血。

今回の手術の事

昨年の左の時とは右は骨の状態とかイロイロ違いところがあるようです。先生からの説明時にレントゲン写真を見ながら話を聞いた。右股関節の骨盤側には穴があいているとのことで、その穴を、切り取った骨頭を使って埋めるとのことだった。左の時はそんなことはなかったから、手術後3日目には車椅子に乗ってもよかった(結局、麻痺があったのでだめだったけど)けれど、今回は、骨を埋めるという事があるのと左脚麻痺のことがあるので、車椅子に乗れるようになるのは少し遅くなりそうです。

車椅子に乗る練習を看護師さんとしたけれど、右脚を使わず左脚で車椅子の乗ることはできなかった。麻痺脚では装具をつけても立ち上がることが出来ないから・・・。そんなわけで、看護師さんがアームが取り外しできる車椅子を持ってきてくれた。それだと、ベッドに横付けして体ごとずらしながら移動が出来るから。問題は、トイレでの便座への移動。一人ではとても無理そう・・・。多分、当分の間看護師さんに手伝ってもらうことになるんだろうなあ。ズボンやショーツの上げ下ろしも手伝ってもらわなくちゃならなくなりそう・・・。ちょっと気が重いけど、右脚に体重載せられるようになるまでのことだと思ってガマンしなくちゃ・・・。

外泊

今回も、入院後最初の土日外泊させてもらった。前回は、わりと気軽に外泊させてくれたけど、今回は寒くなってきている時期のせいか、主治医の先生になんども「風邪ひかないようにして。」といわれた。風邪をひいたら手術ができなくなるから、気をつけねば・・・!!と思いながら家に帰ってきた。特に用事があるわけじゃないけど、やっぱり自宅はいい。自分お布団で眠ることができるってうれしー!(^_^)退院したら毎日自分の布団で寝られるのになぜかこの1泊の外泊はやたら嬉しかった。7時半には病院に戻らなくちゃならないから、かなり早めの晩ご飯になる。朝は、持ち帰ってきた下着やタオルの洗濯。痛い脚と麻痺脚を引きずりながら、結構忙しかった。

Last modified:2004/11/28 16:57:45
Keyword(s):
References:[SideMenu]