Create  sora 入院記録  Index  Search  Changes  Login

(退院後)3カ月目

リハビリと診察と予約

「2カ月様子を見ましょう」といわれて1カ月がたった。リハビリとレントゲンと診察の日だった(3月22日)。

左足の麻痺は相変わらず続いている。その為、右足に負担がかかり右股関節の痛みがひどくなっていた。リハビリの時も先生に痛いこと、左足がちゃんと動かないことを告げた。先生も、「うーむ」と言う感じだった。

診察の時、主治医の先生に右股関節の痛みがどんどんひどくなっていること、左大腿筋が先月よりやせてしまったような気がすることを告げた。で、右の人工骨置換手術の予約をしたいことをいうと、左足のめどが立ってからと思っていたんだけれど・・・という答えが返ってきた。もちろん、そうだと思う。左足がちゃんと動かないで右を手術をすることはリスクがあると思う。でも痛いし、もう、待てない・・・と、言った。先生はレントゲンを見ながら「うんうん・・・右も限界だね・・・。」と言ってくれた。

麻痺に関しては、先生は「神経剥離は、どこで神経が癒着をしているか判断することが難しいからまず検査をしないと手術は出来ないから・・・。」と話を始めた。そして「骨盤内か腰か・・・両方のMRI検査をさせてください」と言われた。それはそれでわかったけど、その検査をしてそれからまた待って・・・となると、どんどん右の手術が先送りになってしまう。今予約しても半年近く順番待ちがあることを先生に確認して、右の手術の予約をした状態で、左足の回復の道を探ってもらうことにしました。

来月12日にMRI検査。19日に診察です。検査の結果がどうでるか・・・・、剥離の手術へと進むのか。。。。右股関節の手術が先になるのか。。。。全て未定。。。でも、確実に右股関節の手術はする。予約いれたから・・・・。

Last modified:2004/03/30 20:31:10
Keyword(s):
References:[SideMenu]