Create  sora 入院記録  Index  Search  Changes  Login

(術後3)6週目まで

痛み

手術してそれまでの痛みはなくなったけど、足を延ばして寝られない状況が続いています。夜、足を延ばして寝ていると、眠剤を飲んでいても痛みで目が覚めます。曲げると痛みがましになるのでベッドをあげて寝直します。その事を先生に話したら、痛みがひどかった手術前に曲げて寝ていたので、股関節の周りの筋肉がかたくなっているのでしょう・・ということだった。すこしずつならしていかなくちゃ・・・・。

全加重

リハビリは全加重にしましょうということになった。全加重・・つまり手術した足に体重を全てのせるということ。平行棒の中で術足に体重をかけてみる。ぐらついて、ぜんぜんだめだった。人工関節はしっかり入っていても、周りの筋力が低下しているのだからそんなにすぐには全加重出歩けるわけはないのだけれど、全加重できるときくと、もうすぐに歩けてしまうような気になってなんとなく焦りがでた。

足首の痛み

足首の痛みはかなりひどい。結局装具(足底板)を作ってもらうことになった。満6週目の日装具やさんに足の型どりをしてもらいました。装具が出来るまで1週間近くかかるそうです。足底板で痛みが少しでもマシになればいいなと思う。

気持の揺らぎ

このころになると、リハビリがメイン。1時間ほどのリハビリが終わるとあとはほとんどやることがない。やることがない・・・と思えるくらい快復しているのだけれど、気持は複雑。入院後の手術の説明の時、先生から入院期間は手術後1カ月から1カ月半くらいといわれていた。もう6週間まだ退院はできない。骨盤の穴をふさぐという骨移植で3〜4週間床上だったからその分仕方がないのだと思うけど、何となく気持が不安定になってきます。一昨年の左足の手術の時も入院期間が長引いたことと麻痺で気持が不安定になり眠れなくなって眠剤と安定剤を飲むようになった。そのまま今回までずーーっと薬は飲んでいた。安定剤は一日の回数が減っていたけれど、眠れなくなったので1回になっていたのが2回になった。一昨年担当だった看護師さん・・今は別の病院で勤務している。一昨年とてもよくしてくださっていて、携帯のアドレスも教えてくれていた。その後、何かにつけて相談の乗ってもらったり元気づけてもらったりしていた。今回も、その看護師さんにメールをした。気持が不安定なこととかまだ退院のめどが立たないことなど・・・・。すぐに返事が返ってきました。丁寧で的確で優しいメールでした。そのメールのお陰で少し気持ちが落ち着きました。リハビリには個人差もあるし、先生からもゆっくりでいいといわれているんだから、先生から退院の話がでるまでじっくりリハビリを頑張ろうと思った。

Last modified:2005/02/23 15:53:45
Keyword(s):
References:[SideMenu]