Create  Edit  Diff  sora 入院記録  Index  Search  Changes  History  Login

(術後)10週間目まで

リハビリの日々

子宮筋腫の手術を決めてからは、ただただ、リハビリの日々だった。毎日決まった時間にリハビリ室へ行き、1時間程度のリハビリをこなした。リハビリ室には時々、学生さんが実習にやってきた。マンネリ化しそうなリハビリも学生さんと話をしたり、先生と話をしたりとそれなりに楽しかった。暗く沈みそうになる気持ちを明るくしてくれて、足だけじゃなくて心のリハビリもしてもらっていたような気がします。麻痺という事態になってしまったので、人工骨にした後順調だった場合のリハビリについてはわかりません。私の場合、ほとんど麻痺している部分を動かすということだったので・・・。暖めて、自分では動かせない足を持ってもらって動かしてもらうということが中心でした。そうしてもらっているうちに少しずつ足は動くようになっていきました。本当に少しずつ・・・・。

更正医療の延長

今回の入院は、更正医療を使用していました。順調にいけば6週間で退院。で、書類の方は、長めに3ヶ月入院の手続きがしてありました。子宮筋腫の手術は更正医療には入らないのは当然だけれど、3ヶ月ではまだ足が退院できる状況ではないと思い、市役所に問い合わせをしてみました。原則的には延長はないとのことで、主治医の先生に、更正医療のことを相談してみました。先生は、「じゃあ、役所の担当の人と直接話をしてみましょう。」と言ってくれた。担当の方に先生へ直接電話を入れてもらったところ、延長できるということで、そのための書類を直接先生宛に送付してくれるとのことを、先生から後日教えてもらいました。更正医療は60日延長されることとなりました。

婦人科へ

手術してからちょうど10週目の日に婦人科病棟へ移動になりました。手術の4日前のことでした。筋腫の手術こわいというより、筋腫をとって、足の治りが早くなるのおなら早く終わらせてしまいたいという気持ちの方が強かった。

Last modified:2004/01/15 21:09:31
Keyword(s):
References:[SideMenu]