Create  sora 入院記録  Index  Search  Changes  Login

(術後)ちょうど1ヶ月の日

涙の一日

人工骨置換手術の入院期間は術後6週間程度と、病院の方で決められていました。順調ならそのくらいで十分退院できる状態ではあるらしい。9月8日手術からちょうど1ヶ月たった日のこと。(1ヶ月といえば4週間と数日)私の左足はまだほとんど動かない状態でした。早朝、ベッドの横の車いすと動かない足を眺めて、涙が出てきた。順調なら、もう退院のことを考えているかも・・・・とか、松葉杖で歩いているのだろうか・・・とか、それなのに、未だに車いすだけ。足は動かない。そう思ったら、涙が出て止まらなくなった。このままじゃいけない、朝ご飯はちゃんと行かなくちゃと、涙を拭いてうつむき加減で朝食のコールがあった後、食堂へ向かった。気がつかれないように。。。と思いながら・・・。

看護師さんの優しさに助けられた

うつむき加減でいたのに、一人の看護師さんに「どないしたん?だいじょうぶ?」といわれてしまった。一生懸命平静を装って「大丈夫・・・」と食堂へ行った。でも、ちっとも大丈夫じゃなくて、何ものどを通らず、朝食のトレイの上を見つめるだけで・・・そのまま病室へ戻った。ベッドに上がる気力もなく、ベッドの横にたどり着いてから、ただただ泣いていた。そこへ、一人の看護師さんがやってきて「○○さん、朝ご飯食べた?・・・・」と聞いてくれた。その言葉で、一気に涙があふれ出て大泣きしてしまった。看護師さんは「○○さん、よう頑張ってると思うよ。一人でよく頑張ってる・・・・・。誰でも泣きたくなるよ。」そういって優しく方をぽんぽんとたたいてくれた。「だいじょうぶ」という私に、「我慢することないよ。泣いていいんよ。我慢しないで泣きたいだけ泣かないと・・・・。自分一人でため込んだらあかんよ・・・。」そういってくれたら、涙が次から次へ・・・・止まらなかった。「麻痺のことはわかってる。先生がきちんと説明してくれてるからわかってる。わかってるけど、もう1ヶ月たつのに、まだ動かない。理屈はわかってるけど気持ちがついていかない・・・・。」泣きながらそんなことを言った私。看護師さんは「うんうん・・・よくわかってるよね。一人で本当によく頑張ってるよ。そうおもうよ。」そういって、後は黙ってただそばについていてくれた。

不安

どのくらい泣いただろうか・・・・。「もう大丈夫・・・」と言えたのは、30分以上たっていたと思う。泣いている途中、主治医の先生も来て「治るから。」といってくれたことを覚えている。 泣くだけ泣いて、がんばらなきゃな。。。。と、思い始めても、動かない足への不安は、ずーーーっと続いていた。

もうだめ・・・

その後も、麻痺のしびれ感と、動かない現実に悩まされ眠れない日が続いた。毎晩看護師さんが手渡してくれる睡眠導入剤はほとんど効かなかった。ある日を境に、その薬をもらっても飲まずにため込むようになった。どうせ飲んでも効かないだろう・・そう思ったから。そして10日くらい過ぎたころ、眠れなくて、その溜め込んだ薬を一度に飲んだ。でも眠れない。夜、見回りに来た看護師さんに「薬溜めてあったのを全部飲んだけどねむれない・・・・」と訴えた。看護師さんは「え・・・」と言って「そうですか・・」といっただけだった。それから時間をおいて、車椅子でトイレへ。。。その帰り、私の後ろからだれかが付いてくる。。。そして私がベッドに戻ったらその人が私に声をかけた。当直の先生だった。「眠剤一度に飲んだんだって。?いくつ飲んだの?」と言われ「よく分からない・・・有ったもの全部。薬の袋はゴミ箱に・・・」というと先生はゴミ箱の中の袋を確認し、「一回一錠のものをこれだけ飲んだんですよね。。。」と確認された。私は「はい、でも寝られない。。。」と言った。そしてその先生は、私のベッドサイドから去っていった。でもそれだけでは終わらなかった。それからしばらくして、別の医師がやってきた。「少し話できる?」といわれ別室へ一緒にいった。その医師は精神科の医師だった。いろんな事を聞かれた。でもそれに答えるのは辛くて涙も出てきた。そして「死ぬことを考えたりしたことは?」と聞かれ「ある・・・」と答えました。実際そうだったから。。。それから、話を終えた精神科の先生は、私のベッドサイドへ一緒についてきて、身の回りのもののなかから刃物をすべて看護師さん管理にしました。(顔剃りようのかみそりとか持っていたのでそういうものを・・・)そして、先生は「眠らせてあげるから、心配しないで。」と言ってくれた。その日から眠剤と安定剤を処方してもらうことになり、週に1回先生がベッドサイドまで往診してくれるようになった。麻痺は私の心を押しつぶしてしまった。でも、処方してもらった薬でその後は眠れるようになり、少しづつ気持は安定していった。でも、眠剤を飲まなくては眠れない事はずっと続いた。(退院後もずーーっと眠剤と安定剤に頼る生活です。) 処方してもらった薬は朝夕にセパゾンとドグマチール。就寝前にユーロジンとセロクエルです。

Last modified:2005/07/06 18:07:22
Keyword(s):
References:[SideMenu]