スウィング・SWING♪

目次

戻る


スウィング・SWING・・・[1]

ワンポイント

JAZZ-PIANOをはじめて1年がたった。なぜ?ジャズ??そう・・なぜなんだろう・・・。直感かな??ジャズは好きだったけどまさか自分で演奏するなんて思ってなかった。ピアノを習おうと思ったのには、それなりに理由があるけど・・・。でもジャズを選んでほんとによかった!!だって、自分を表現できるもの。(まだ、そこまでいってないかも・・・)

子供のころからジャズはよく聴いてた。でも自分で演奏するとなると、これがちょっと大変!あとのりが・・・なかなか自然にできない・・・(ここで確認。。私って日本人だあ・・アタリマエ)アフタービートが、自然にできたら気持ちよくスウィングできるだろうなあ。いつの日かきっと、そうなる日がくると信じて私のチャレンジはつづく・・・・。

目次へ


スウィング・SWING・・・[2]

ワンポイント

JAZZの醍醐味は、なんといってもあのアドリブ!!・・・なんでしょうけど、まずJAZZと仲良くなるには好きな曲を聴くことかな。私は子供の頃からJAZZを聴いてたとは言ってもどんなアーティストがいるかとか、そう言うことはあんまり気にしたことがなかった。だから、まず自分で買うのはオムニバス版が、多かった。その中から「あ・・・、この人の感じ・・・好き・・・」って思ったアーティストのCDを買った。オムニバス版は結構安くでてるから、お薦めです。耳で聴くというより心で聴くといった感じかな・・・。気が向いたら1度何か買ってみて・・・。誰かからどういうCDがいいか聞いて買うのもいいけど、お店にいって直感で選ぶ!これってちょっといい・・・。私の好きなアーティストはね・・・・。うふふ・・・次の機会にとっとく!

目次へ


スウィング・SWING・・・[3]

ワンポイント

あとのり・・・これが難しい。日本人はどうしても1拍目にのってしまう。このノリは理屈で出来ると言う物じゃないような気がする。ピアノを習い始めて1年・・・つきつめると問題はこのノリだけ・・のようだ。それと、ジャズピアノは、ベースとドラムと合わせるからいい・・と先生はいう・・・つまり自分一人で弾いてはいけないのだ。

合わせる事の中にも楽しさがあるんだけど、これって以外と難しい。自分だけのことで、一杯、一杯で、ベースの音もドラムの音も聴きながら弾くなんてなかなかできない・・・。毎回ため息・・・「は〜〜〜〜〜・・・・」です。

それでも、ちょっとずつ出来るようにはなってきた。スゴーク不安定だけど、先日レッスンで「お・・・なんか、のりこえたな・・・」と先生に言ってもらったときはかなりうれしかった。もちろんアドリブだってまだまだちゃんとできないけど、ジャズに近づけた・・・。ルンルン♪これから気持ちよくスイングできるようになれるかも・・・ウフフ!!です。毎回レッスンの時に先生が、ベースを弾いて合わせてくれるんだけど、確かに今回のレッスンの時はベースの音が聞こえてきていた。さあ!!これからよ!!そんな気持ちになった瞬間でした。

目次へ


スウィング・SWING・・・[4]

ワンポイント

レッド・ガーランド。。。素敵なピアニストです。見た目の話じゃないですよ。ピアノの音が心にグッときちゃいます。もちろん、オスカー・ピーターソン、バド・パウエルとかもステキ!!!世の中にはすごいアーティストがいるもんだ・・・・とただただ感心するばかり・・・。今年は、生演奏を沢山聴きたい。ライブハウスに、出来るだけ行こうと思う。アドリブを肌で感じたい!

年末年始で、練習がおろそかになってしまった。しっかり練習しなくては。。。。。「ねえ!!私のピアノ聴いて!!」といえるようになりたい。いつか、ライブハウスで弾けるようになりたいなあ・・・・。

目次へ


スウィング・SWING・・・[5]

ワンポイント

「曲の雰囲気を、しっかり感じ取る事がすごく大 切!!」
そういうことを先生から言われた。それがわかれば、アドリブはでてく る・・・・って。確かにね!で、少しづつわかってきた。そして、次の課 題。。音に広がりと、きらめく星のようなものをい れられるように・・・・!!

何となくわかるけど、自分で弾くとなると、きらめかない・・・・ (T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)先生の演奏はきらめいてる!!(あたり まえ)あんな風に弾けたらいいなあ・・・・。

もっと、もっとCD聞いて、ライブにいって、きらめく星を体で感じて、自分 で表現できるようになりたい。

今日は、バド・パウエルを聴こう!明日は・・・なににしようか な・・!!

目次へ


スウィング・SWING・・・[6]

ワンポイント

今更ながら、JAZZって不思議。自分の指が鍵盤にあたる、その瞬間に音が私を表現してくれる。技術じゃなく、気持ちが音楽になっていく。すごいことだと思う。どうしていいか、わからないときは、そういうものしか弾けない。スーっとはいりこんで弾いてるときは、音はスイングしてくれる。今のわたしには、まだまだたまーーーーーにしか、そういう風に弾けないけど・・・。

そういうことが、少しわかってきたらCDをきいていても、以前とは感じ方が少し変わってきた。もっと深いとこで聴ける・・・・ってかんじかなあ??

先生にも、それが伝わったのか最近ライブ情報をあれこれ教えてくれるようになった。ジャズライブは、夜なので主婦の私はなかなか行くチャンスがないのが残念。でも、なんとか生で聴きたい。ライブに行きたいという思いはどんどん強くなっていく!

いくぞーーー!!ライブ!!(^_-)-☆

目次へ


スウィング・SWING・・・[7]

ワンポイント

もうすぐ、発表会があります。ドキドキドキ・・・・・・
でも、でようかどうしようか悩んでます。へたくそなのは承知の上だからそれはいいのだけれど、踏ん切りがつきません。なぜかな??思ったようにスイングできないから・・・・。イメージどおりに弾けないから・・・・・・。あがりしょう・・だから・・・(;^_^A アセアセ…。イロイロです。多分でた方がいいにきまってる。ステップアップにもなるし・・・。

出なかったら後悔するかもしれないなあ・・。やっぱりでようかな・・・。

プロのベーシストとドラマーの方がピアノにあわせてくれます。出なかったらこんなこと、ありえないこと。この際、頑張ろう!!!!!

明日になったら、また悩んでるかもしれないけどね・・・・・(;^_^A アセアセ

目次へ


スウィング・SWING・・・[8]

ワンポイント

発表会がおわった。わたしのちょっとしたミスから、出演できなかった・・・。(;.;)
どうしよう。。どうしよう。。。と思いながらも、なんとか少し自信が出てきたところだったから、ガックリきてしまった。映画「サウンドオブミュージック」の中の「マイ・フェイバリット・シングス」です。気分がいいと、スゥ〜〜〜っと入り込んで弾けるようになってきてた・・。ふと、あ〜〜〜〜ジャズが、σ(・_・)をうけいれてくれてる・・・なんておもっちゃったりして・・・。(^^ゞ

終わってしまった物は仕方ない。次のことを考えよう!
swingしたい!swingしましょ!

お薦めスポットを、ひとつ!!有名だから、もう知っている人の方が多いかな?三宮の「そね」ここは、いいですよ!是非、行ってみてね!(^_-)-☆

目次へ


スウィング・SWING・・・[9]

ワンポイント

今、CDをきいています。「デューク・エリントン・ソングブック」CDを買いに行くとついついピアノの物ばかりに目がいっちゃいます。ホントは、他にも色々あると思うんだけどね。私の持っている数少ないピアノの以外のCD・・・・・・・、えーーっと、ビリー・ホリデー(VOCAL)英語わからないけど、なんだか心の奥に響きました。なんていうか、「つらいんだろう・・・わかる・・・分かるわ」そんな感じがする・・・。なんとなく買って帰ってきて、わ〜〜!!っと思ったのは、綾戸ちえさん!やっぱり、じーーーーんときちゃいました。

JAZZのいいとこってなにかな??よくわからないけど、「人をかんじられる」そんなとこかな??何か不思議な力が、私をつつんでくれる!!(*^_^*)

ところで、JAZZライブって夜ばかり・・・・・・。ランチタイムジャズとか、ティータイムジャズとかあればいいのにな・・・。そしたら、もっともっと聴きに行けるのに・・・。探してみようかな・・・。(^_^)

目次へ


スウィング・SWING・・・[10]

ワンポイント

気分が、ぱ〜〜〜っと明るいとき・・・ジャズを聴くと自然に体がゆれる・・・。今日は、これから何をして過ごそうかな・・・とか、お掃除もお洗濯も楽しくなってくる。

気分が落ちてるときに、聴くと涙がでそうになる・・・・。ジャズって不思議・・・・。ジャズに限らず、音楽を聴くこと全てがそうなのかもしれないんだけど・・・。ピアノを習い始めたときの先生の「音楽は、助けてくれる・・・」と言う言葉を思い出します。

今、私は、ジャズボーカルの、オムニバス版のCDを聴いています。どうしようもなく気分が乗らないときって、こういう、いろんな曲いろんな人のイッパイ詰まったCDが、なんだか元気になる。私のそばにジャズが有る限り、わたしは元気になれる。(おおげさかな・・・)

目次へ


スウィング・SWING・・・[11]

ワンポイント

スタンダードナンバーはもちろんだいすき!!膨大な曲があるから、駆け出しの私には知らない曲が多いです。その、未知との出会いが結構楽しかったりするしね。だから、日本の曲のジャズバージョンってあんまり聴かなかった。

先日、CD屋さんで何となく手に取ったのが「ジャズで聴く 吉田美和・中村正人作品集」!!演奏は「KENNY JAMES TRIO」とあった。気まぐれでそのCDを買ってきました。

家に帰って、聴いたら・・・・・うわ〜〜〜〜〜!!すごい!こういうのも良いなあ!ってかんじ!耳慣れたドリカムサウンドがステキに変身!!ウキウキしちゃう!これも、また、未知との出会いだなあ・・・・・。σ(・_・)はまだまだ、知らないことがいっぱーーい!!「知りたい」と思う気持ちをずーーっと持ち続けていたいな!また、新しい発見できるかも!d(^-^)ネ!

目次へ


スウィング・SWING・・・[12]

ワンポイント

JAZZピアノを始めた頃、アドリブは先生が譜面に書いてくれた。元々、難しい譜面は読めないので、先生のデモ演奏を聴きながら、練習した。その後は、RIFFというフレーズをつかってアドリブをつくっていった。(これは、ブルースにしか、できないみたい。)

同時進行でJAZZ理論というものも習った。「へ〜〜〜・・・」と言う感じで、未知との出会いだった。細かくイロイロきまりごとがあるみたい・・・。でも、先生はさら〜〜っと聞いていればいいよ・・・。といってくれた。この、決まり事ばかり気にしているとコード進行の同じ曲はアドリブが全ておなじになっちゃうから・・らしい。

結局わたしは、「JAZZ理論」ってものがあるんだなあ・・・程度しかわかっていない・・・。でも、それでいいかもしれないなあ・・・。譜面もちゃんと読めない、かけないっていうことは、アドリブは2度と同じ物が弾けないもの!!これぞ、アドリブだよね!!自分の気持ちの中からあふれ出てくる音を、気持ちよくスゥイングさせられたら、ものすごーーくいい気分になるだろうな!!

音で遊ぼう!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

目次へ


スウィング・SWING・・・[13]

ワンポイント

BOSSA NOVA・・・このリズムも好き!!独特のリズムにウキウキしちゃいます。ウキウキしちゃうけど、しっとりしてるとこもあって奥が深い。有名な曲「イパネマの娘」他にも、沢山曲がある。なぜか夏になるとBOSSA NOVA が聴きたくなっちゃう。

このリズム難しくて、自分で演奏はできない・・・(;.;)いつかは、必ず弾いてみたい!!だから、沢山聴いてみようとおもう。この夏はBOSSA NOVAできまり!!d(^-^)ネ!

近い内にまた、ライブハウスへいきたいと思ってる。体調と相談しなくちゃいけないけど、絶対行くぞ!!っておもってる。そう思うだけで、何だか、楽しくなってきます。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

音で遊ぼう!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

目次へ


スウィング・SWING・・・[14]

ワンポイント

ピアノを弾くと言うことは、かなり、技術もいる。譜面はメロディーにコードがついてるだけのものだけど、いざ弾くとなると、指がおもうようにうごかない。コロコロと、まわるように指が動いたら楽しく弾けるだろうなぁと、すごく思う。

練習すれば、少しは動くようになるんだろうな。。っていうことは分かるけど、楽しくなくちゃ続かないし。。(^^ゞまあ、のんびりやろうかな。。。

このあいだ、ウインブルドンテニスをみていたら、テニスのあとにJAZZの番組を放送していた。すごくステキだった。とても、楽しそうに演奏してて、SWING〜♪そのもの!!ああいう番組もっとあればいいなぁ・・・。

思い通りに弾けるようになって、アンサンブルできたら、どんなにたのしいだろう!!夢は大きく!!d(^-^)ネ!

目次へ


スウィング・SWING・・・[15]

ワンポイント

BS放送で「コリーナ、コリーナ」という映画を見た。ウーピー・ゴールドバーグ主演の映画です。「天使にラブソングを・・」の映画をみてから、彼女のファンになった。「コリーナ、コリーナ」での、彼女の役所は家政婦・・・。ちょっと、おとなしめの役でした・・。

ストーリーも、良かったけど、バックに流れるJAZZがよかった!!とても自然にJAZが流れてた。こういう感じでJAZZを、聴こう!!ピアノを弾こう!!と思った。自然体で、でも、力強く!!心をググッと感じる・・・。そんなふうに・・・。

8月の後半に、大阪ブルーノートに「デユーク・エリントン・オーケストラ」が来ます。聴きに行きたいと思う!まだ、先の話しだけど、行こう!!と思うだけでo(^-^)oワクワクしちゃいます。

ブルーノートへ行くために、体調ととのえておかなくちゃ!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

目次へ


スウィング・SWING・・・[16]

ワンポイント

大阪ブルーノートへいった。「デューク・エリントン・オーケストラ」の演奏を聴いた。やっぱり、ライブはいいなぁ!!

デューク・エリントンは、JAZZを知らなくても多分名前は知ってると言う人も多いと思う!!もしくは、名前も曲名もしらないけど、曲を聴いたら「あ〜〜!!」と思うんじゃないかなあ!!「A列車で行こう」とか「サテン・ドール」とか「ムード・インディゴ」とか「キャラバン」・・・。

デューク・エリントンは、1899年にホワイトハウスの執事の息子として生まれたひとです。絶頂期は、1930年代なのだそうです。

今回、ブルーノートにきたエリントン楽団の、バンドリーダーはポール・マーサー・エリントン。デューク・エリントンの孫です。

私の席は、ステージの一番前。。。(^^)。。。でも、はじっこだったけど・・・。ピアノのすぐ後ろ・・・気が付くと、私は、ピアノの鍵盤の上を魔法のように動くピアニストの手をのぞきこんでいました。

全身で、音楽を感じてきました。サックスや、トランペット、トロンボーン、クラリネット・・・ベース、ドラム・・・それぞれ個性あふれててすばらしかった!!

私も、ピアノがんばろう・・・っと!!(^^)

目次へ


スウィング・SWING・・・[17]

ワンポイント

ゴスペルのことを書いてみます。
ゴスペルは、福音書と言う意味で、ゴスペルソングは宗教歌謡と訳されます。20世紀初頭、米国の黒人の間で歌われていた黒人霊歌とジャズが融合し、強烈なリズムを持った特有の音楽になりました。これがゴスペルソングなのだそうです。

音楽的には、シンコペーションに5音階的な単純な音階、多声的が特徴です。内容は旧約聖書に題材をとった物が多く苦しい奴隷生活を信仰によって逃れたいと言う願望を主にうたっています。

ゴスペルが、日本でポピュラーになったのは、「天使にラブソングを」という映画からだと思います。わたしも、何度もみました。何度みても新鮮な物を感じていました。

今回のコンサートは、「亀淵友香&VOJA」です。テレビで何度かみたことはありました。亀淵友香さんの迫力と、VOJAのメンバーの歌声はほんとうに素晴らしかった。わたしの席は、前から6番目少し左よりの場所だったけど、舞台に手が届きそうな場所で、ゴスペルを全身で感じることが出来ました。

VOJAの結成は1993年だそうです。男性女性あわせて13人の構成です。みんな、本当に歌が、音楽が好きなんだなぁ。。。ということがひしひしと伝わってくるほど楽しいコンサートでした。 楽器はピアノとドラムだけ・・・あ、途中で鍵盤ハーモニカもあったなあ。

アメイジンググレイスとかジョイフルとかハレルヤオーハピィデイ〜♪とか。。。聴いたことのある曲で、ノリの良い曲やしっとり落ち着いた曲、盛りだくさんで2時間があっというまでした。またチャンスが有れば、是非行きたいな!!そう思ったコンサートでした。Y(^^)ピース!

目次へ


スウィング・SWING・・・[18]

ワンポイント

ジャズが好き。。。。と言うと、え??と言う顔をされることがあります。ジャズって、普通にくらしてたら聞こえてこない音楽だから。。。かも。私も、兄がジャズ好きじゃなかったら、ジャズを聴くチャンスはなかったかもしれないし。兄のお陰で、ジャズは聴くだけじゃなくて、演奏するのも楽しい。と言うことを知った。でも、兄の話をきいてたら、とっても難しくて、才能がある人じゃなきゃ演奏なんて出来ない音楽っておもってた。もちろん、人に聞かせる演奏は才能がある人じゃなきゃ出来ないと思うけど。でもね、自分で自分のために演奏することは誰にでも出来ちゃう音楽だとジャズピアノを習って気が付いた。もしかしたらクラシックピアノより自由に楽しく弾けちゃう!!だって、譜面どおりじゃなくていいんだもの!最初のテーマだって、譜面のオタマジャクシどおりにひく必要がない。コードとリズムがあってれば、いい。これってすごいとおもう!セッションでいろんな楽器とあわせて楽しめるし、アドリブで自己表現もできる!!

最近、兄とジャズの話しをした。兄もまさか、私がジャズピアノを弾くようになるなんて以前は思いもしなかっただろう。その時に、アドリブの話しになった。譜面もろくに読めない私は、ジャズピアノアドリブコピー集と言う本を買ってきても読みとれない・・。そんな話しをしたら、兄が言った「自分の楽しみのために弾くんだろ??だったら、そんな本必要ないんじゃないか??ジャズ理論とか難しいことを言ったらきりがないし、生半可に理論だけ覚えたら、コード進行が同じ曲のアドリブがみんな同じになっちゃうぞ!それじゃつまらないよ。」たしかにね!!というわけで、めちゃくちゃだけど、自由にジャズピアノを楽しんでいます。(^^)

目次へ


スウィング・SWING・・・[19]

ワンポイント

村上"ポンタ"秀一さん・・・・・ご存じでしょうか??私が、おおお!!と気が付いたのは、数年前某ニュース番組を見たときでした。「へ〜〜。。こういうひとがいたんだぁ・・・。」何しろ、ただ聴くだけがすき!ではじまったJAZZだから、ミュージシャンの事も、それほど詳しくなくて・・・(^^ゞ。

その、村上"ポンタ"秀一さんのCDを、聴いています。正確には「村上PONTA秀一・佐山雅弘・村田陽一」3人の3VIEWSのアルバムです。

←クリック。。。(試聴できます!(^^))

なんだか、とても楽しいアルバムです。盛りだくさんで!「ジムノぺディ第1番」があったり、そうかと思うと、忌野清志郎のvocalがはいっていたり・・・。ドリカムの吉田美和さんのvocalがあったりと・・・ほんとうにいろいろ!!♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪元気が出ちゃうCDです!これは、お薦め!!です!(^^)

目次へ